会長挨拶

 

金澤会長


2018年度~2019年度
水戸西ロータリークラブ
 会長 金澤 卓也

 

 

 はじめに、今年度は当クラブから髙橋賢吾ガバナーを輩出するという特別な年度です。当クラブ全員の力を結集してガバナーを支えつつ、金澤年度の活動も実りある1年にしなければなりません。皆様よりの今まで以上のご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

  “ロータリー活動を活発に、そしてフレキシブルに”を私の年度の方針と致しましたが、これは、RI会長のバリー・ラシン氏のテーマ“Be the inspiration”、高橋賢吾ガバナーの“ロータリーの心と力を地域社会へ” この二つを元にして掲げさせて頂きました。頭を柔らかくして良い意味での変化、そしてその持続性に重点を置いて活動していきたいと思っております。次期会長、またその次の会長へと協力していって頂き、何年か後の当クラブの姿を頭に浮かべ長期のビジョンを以って人づくりを行い、有能な人材が継続的に育つ環境ができることを願っています。

 

 また、インターアクトや米山奨学生の方々には、なるべくロータリーイベントへの参加をお願いするとともに、委員会活動に関しては所属委員会にとらわれることなく、縦にも横にもつながりを持った活動をフレキシブルに行って頂きたいと思います。VTTについても前年度中山会長の思いを継承し、水戸西ロータリークラブ全員で成功へと導いていきたいと思います。

 

 最後に委員長の方々にお願いですが、協力をお願いしている頑張っている委員を大切にし、より一層良い活動ができるようにご指導をお願い致します。 具体的に述べますと、

 

・高橋ガバナーを水戸西ロータリークラブ全体でバックアップする

・他クラブや他団体とも協力し、フレキシブルな活動をする

・委員会や年齢にとらわれず、活発に活動し地域に貢献する

・家庭集会にも多くの会員に参加してもらい、所属委員会外からの参加も促し、意見交換をしていく

・引き続きVTTを財団と密に協力し、成功させる

・人づくりのため、新入会員に当クラブの輝かしい歴史を理解してもらい、未来へつなげていく

・インターアクトと密接な関係を築き、未来のロータリアンを育てる

・ロータリーとその活動を社会にアピールする(ロータリーデーなど)

・会員増強=純増4名になるよう努力する

・インターアクトや米山奨学生をロータリーのイベントに参加するように促す(地区大会・バザーなど)

 

  以上、水戸西ロータリークラブ一丸となって頑張ってまいりましょう。